ボディソープ編

アトピー肌では念入りな保湿が欠かせませんが、乾燥しにくい肌をつくることも大切です。例えば、毎日入るお風呂でも肌をいたわったケアをしてみましょう。アトピーの方は肌がデリケートな状態にあるため、体を洗う時にも注意が必要です。

お風呂体を洗うボディソープは、肌表面に直に触れるもののため気をつけて選びましょう。
一般的な液体のボディソープには、界面活性剤や香料、添加物が含まれています。
これらはボディソープを長持ちさせる働きや、より匂いの強いものにするため、必ずと言っていいほど入っているものです。
しかし、このような添加物はデリケートな肌には刺激物とみなされます。
刺激物があると、体を洗った後に肌が痒くなったり、乾燥がひどくなったりと大変なことに。
そこでアトピー肌のように刺激に敏感な場合は、無駄なものを省いた無添加石鹸がおすすめです。固形石鹸は使いづらいという難点もありますが、しっかり泡立てて使えば非常に肌に優しいもの。洗浄力もボディソープに比べて弱く、それが肌に良いのです。

空気が乾燥する季節はいつもの保湿方法だけでは、保湿が足りないと感じることも多くあります。アトピー肌の方以外にも、乾燥肌で悩んでいる方は、一度ボディソープを見直してみてはいかがでしょうか。


☆関連する記事

化粧水編
保湿クリーム編