保湿クリーム編

保湿クリームスキンケアでは、化粧水の次に保湿クリームもかかさず塗るものです。
特にアトピーの方や乾燥肌の方は、化粧水だけでは肌の水分を維持することができないため、保湿クリームもきちんと効果のあるものを使用しなければ保湿されません。
保湿クリームも何でもいいというわけではないので、ここで押さえておくべきポイントをご紹介します。

アトピー肌、乾燥肌の方にぴったりなのは、セラミドを多く含んだ保湿クリームです。セラミドは水分を保持する役割を持ち、肌のターンオーバーが成されることで生産されます。
しかし、アトピー肌の場合はこのターンオーバーがしっかり機能しておらず、生産されるセラミドも十分ではありません。このような状態を食い止めるためには、セラミドが含まれた保湿クリームを使い、なるべくセラミドを補ってあげる必要があるのです。
また、保湿クリームでは不純物が心配という方は、ワセリンやオイルなどを使ってみてください。ワセリンは、保湿クリームに比べて水分を維持する力は弱くなりますが、肌表面の保護には役立つため、こまめに塗り直した方が効果アップにつながるでしょう。

保湿クリームは、肌の表面を乾燥から守ってくれます。そのため、アトピー肌では保湿クリーム選びにもこだわりましょう。そしてなるべく刺激となる成分が少ないものを使い、肌の状態を悪化させないようにしましょう。

化粧水編

近頃化粧水で、植物由来のものやオーガニックのものが話題を呼び、このような広がりから、自然由来の化粧水も種類が豊富になりました。しかし、ここまで種類が豊富だと、どれが本当に肌に良いのか迷ってしまうでしょう。
実際のところ、オーガニックのものが必ずしも肌に良いとは限りません。特に、アトピーの方のように敏感肌の場合は、きちんと見極めてから使用しましょう。

アトピー自然派のものは香料や添加物が抑えられているため、その分肌に優しいと思われていますが、人によっては植物エキスすらも刺激になってしまいます。
比較的価格の安いものの中には、不純物が混じったものが多く存在します。
段に惑わされず、成分表示を確認してから使ってみてください
また、アトピー肌の方は、肌の水分を保つ成分が不足しています。
そのため、水溶性の保湿成分が豊富に含まれた化粧水をおすすめします。水溶性の保湿成分とは、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどです。
セラミドなどの脂溶性成分は、化粧水に溶かすために添加物が使われていることがほとんど。これでは不純物が含まれたものを使っているのと同じなので、できるだけ避けましょう。

化粧水は肌に潤いを与える大切なものです。肌に優しいものを選びたいならば、きちんと成分表示を確認した上で選んでみてください。リスクを上手に回避し、効果のあるものだけ使っていきましょう。


☆関連する記事

ボディソープ編
保湿クリーム編

ボディソープ編

アトピー肌では念入りな保湿が欠かせませんが、乾燥しにくい肌をつくることも大切です。例えば、毎日入るお風呂でも肌をいたわったケアをしてみましょう。アトピーの方は肌がデリケートな状態にあるため、体を洗う時にも注意が必要です。

お風呂体を洗うボディソープは、肌表面に直に触れるもののため気をつけて選びましょう。
一般的な液体のボディソープには、界面活性剤や香料、添加物が含まれています。
これらはボディソープを長持ちさせる働きや、より匂いの強いものにするため、必ずと言っていいほど入っているものです。
しかし、このような添加物はデリケートな肌には刺激物とみなされます。
刺激物があると、体を洗った後に肌が痒くなったり、乾燥がひどくなったりと大変なことに。
そこでアトピー肌のように刺激に敏感な場合は、無駄なものを省いた無添加石鹸がおすすめです。固形石鹸は使いづらいという難点もありますが、しっかり泡立てて使えば非常に肌に優しいもの。洗浄力もボディソープに比べて弱く、それが肌に良いのです。

空気が乾燥する季節はいつもの保湿方法だけでは、保湿が足りないと感じることも多くあります。アトピー肌の方以外にも、乾燥肌で悩んでいる方は、一度ボディソープを見直してみてはいかがでしょうか。


☆関連する記事

化粧水編
保湿クリーム編

アトピー肌の保湿方法

女性アトピー肌は深刻な問題であり、空気が乾燥する季節はなおさら気をつけなければならないトラブルです。
肌が乾燥すると痒みも起こり、精神的にも参ってしまいます。
痒みを抑えるためには、やはり保湿が重要。
保湿は肌に潤いを保つだけではなく、紫外線などの外的要因から肌を守ってくれます。
保湿が足りないと、肌表面から刺激が中に入り込み、体内で異物として処理され、その結果痒みや炎症の原因となるのです。

肌のバリア機能が低下したアトピー肌に不足しているのは、セラミドと呼ばれる脂溶性の成分です。セラミドはバリア機能の役割を担う成分のほとんどで、ほぼこれが主体と言っても過言ではありません。
セラミドは体内で生成できるものですが、そのためには肌のターンオーバーが周期よく行われていることが前提条件。そのため、アトピー肌ではどうしても難しいのです。
ここで助けになってくれるのが、セラミドを含有した保湿クリーム。界面活性剤などの添加物が少ないものを選びましょう。
また、保湿クリームの前に塗る化粧水でも、保湿成分であるヒアルロン酸、コラーゲンを含んだ製品を使えば、より効果が期待できます。これらは肌の水分を維持してくれる効能があるため、少ない水分でも逃さず保持してくれるのです。

乾燥した肌は、スキンケアにより一層気を遣わなければならず、少々面倒かもしれませんが、頑張った分だけ効果を実感できます。当サイトでは、アトピー肌などの乾燥した肌に適した保湿方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


☆LINK

アトピー向け化粧品「肌潤糖」
└アトピー肌をケアするために開発された保湿化粧品です。